2011年11月30日水曜日

いまさら語学の勉強は・・・・

さて、今後の日本経済の発展は・・・・と考えてみる。

少子高齢化、人口減少、円高、どうも国内の経済環境にはこれまでのような積極的な成長要因はないようだ。
貴殿の会社でも、海外といっても欧米ではなくアジア、その中でも中国に進出するか、あるいは何らかのかかわりのあるケースが多いと思われる。

小生の会社でも、同様に大きなビジネスチャンスを得ようと、外に目が向いている。
とわ言え、特に隣国中国はスムーズにいかない。
ビジネスの習慣や文化、産業の発展段階や人々の暮らし、価値観。

なかでも言葉は、大きな壁である。わかりきったこと。
されど、これだけ大きなポジションを占めると、中国語が分かる人にだけ頼っていればいいわけではない。

本当は、しゃべれる人にお願いしたいところだがビジネスを本気で考えるなら、これはマナーとして中国語を勉強することは、姿勢として必要であろう。

さて、このBlogでは、こういった精神論を根底に、ビジネスにかかわる人、とくに40代以降のオヤジが懸命に中国語にチャレンジする、いやしようとする意思のある人を対象に、少しでも役に立てばと
同様な思いで挑戦している一人のオヤジのノウハウをつづったものである。


単に、勉強するのではなく、今回は中国語検定試験を指標に、その成果を試してゆくことを念頭に置いています。

語学の学習に王道はありません。
けれど、少しでも効果的にできれば、おやじも助かります。

このBlogが同志にとって意味があれば、このBlogを始めた甲斐があります。

お楽しみあれ
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村