2011年12月12日月曜日

■単語カードをスマホでできないか?

■打倒、声調!
さて、単語問題を克服するには、正面から向き合うしかないと悟りました。
問題集の巻末にある単語を声調とともに単語カードに1枚づつ書きだしてゆきました。
全部で700百枚くらい。
ちょっと懐かしい、暗記方法ですが空いた時間にコツコツとめくりながら出来るのが最大の売りです。
しかし、学習が進むに連れて問題も感じ始めました。
それは、カードの量が多いためカバンに入れたりすると、かさばることです。
通勤カバンが膨らむのは、ちょっと美学としていただけましせん。

■単語カードをスマホでできないか?
中国語の学習よりちょっとあとから使い始めたスマートフォン。
数多くのアプリがあるので、これを活用できれば、いいのにな?と研究し始めました。

アプリが沢山提供されていますので、やはり単語帳なるアプリは、日本語アプリでも相当量有りました。
今回は、オリジナルの単語カードが作れればよいため、できるだけ簡単に、早く、そして安くできるものをよりすぐっていくと見つけたのが”ANKI”というアプリでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村